ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その1

1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。

初めての冬休みに、ルイジアナ州のニューオーリンズへ行った。

当時はカメラを2台持ち歩いて、一台はカラーフィルム、もう一台はモノクロフィルムを入れていた。

不思議なことに、それだけ沢山の写真を撮ったはずなのに、今見つけられたのはモノクロ4枚だけ。

今思えばこの頃に撮っていた写真のグレードはどれも高い。

意識の違いだろうか、今と違って一枚一枚にお金がかかっていた時代のことだから、何枚も撮りまくるよりも、厳選した数枚を狙ってシャッターを切っていたような気がする。

それはそれで、なかなか乙なものだったと、今からすれば思う。

この一枚も、暗室に入って自分で引き延ばしたものを、プロのフレーミングを頼んで今でも保管している。

とにかく、この4枚のモノクロ写真を元に、当時を振り返ってみたいと思う。


初めての冬休み

ミズーリ州で迎えた初めての冬休み、私はどこかへ旅行へ行きたいと思った。

コロンビアの街は良いところだけど、休みをボーっと過ごすのはもったいない。

だけどどこへ行こうか、特に当てはなかった。

そんなとき、大学の寮で相部屋だったアメリカ人のルームメイトから、ニューオーリンズの話を聞いた。

「New Orleans is cool. ニューオーリンズはいかしてる」

彼女は言った。

なんでも「酒を飲みながら通りを歩ける」ということらしかった。

当時のミズーリ州では、酒のボトルや缶をむき出しの状態で手にもって道を歩くことは、条例で禁じられていた。

アメリカは日本に比べると飲酒の規則がとても厳しい。

アメリカで2大お遊びと言えば酒とカンナビスだ。

ニューオーリンズのバーボンストリートというストリートは、両サイドにバーがひしめき合って、ふと立ち寄って一杯ひっかけてビールの瓶を持ったまま歩けるのだと、そんな話を聞いたように思う。

なにしろ1994年当時の話。

その話に魅了された私は、またしてもグレイハウンド(長距離バス)へ乗って、一路ルイジアナ州はニューオーリンズまで向かったのだった。


長距離バス

ミズーリ州からルイジアナ州までを長距離バスで南下するという荒業は、当時の若さのなせる業だろうと思う。

今ではそんな気力も体力ももちろんない。

当時はそんなことはものともせず、バスの中で仮眠を取りながらニューオーリンズまで向かった。

途中でテネシー州のメンフィスのターミナルで休憩した。

いつかちゃんとメンフィスを訪れて、キングを表敬訪問したかったのだが、現在に至るまでついに果たされず。

この時も、素通りしてルイジアナ州まで。

道連れはKという日本人留学生の女の子だった。

特に仲が良かったわけではないが、私の無謀な計画についてくる勇気があったのが彼女だけだったのだ。


ニューオーリンズ

ニューオーリンズはフランスからの移民が多いことで知られ、フレンチ・クオーターと呼ばれる地区が特に有名だった。

ジャクソン・スクエアと呼ばれる大広場には、大道芸人が大勢集って、いつも何かしらの大道芸が行われていた。

それが観光の目玉にもなっていた。

私とKは、よくジャクソン・スクエアへ出かけて長時間ベンチに座り、大道芸人たちの芸を見ていた。

こんな雰囲気のある写真も撮れる素敵な地区だった。


バーボンストリートで年越し

この年の最後は、バーボンストリートですごした。

ニューイヤー・イブの夜は、どこもすごい人出だった。

ニューオーリンズでカーニバルが行われるときは、バーボンストリートがメインになるんだろう。

写真が無いのが悔やまれるが、フランスの雰囲気を持つ建築物が並ぶ雰囲気のあるストリートだった。

当時の私は21歳。

「バーボンストリートでは酒を片手に歩ける」

という噂は本当だった。

オープンバーでテキーラのショットをひっかけたり、コロナビールの瓶を持ったまま普通に歩けた。

アメリカ国内で大っぴらに酔っぱらいたい人にはもってこいの街だろうと思った。

アメリカでは、バーへ入る際にはID(身分証明証)の提示が必須だった。

21歳以下は飲酒厳禁の国なのだ。

以前私は当時住んでいたコロンビアの街のクラブ Blue Note で、未成年飲酒をしたことがあった。

20歳だった。

ビール片手にフロアへ出て踊っていると、体格の良い男の人が来て「ついてこい」と言う。

そのまま後をついて行ったら、店から追い出されて戻れなくなった。

Kick Out されたのだった。

理由はもちろん未成年飲酒。

それほど厳しいアメリカだから、21歳になって堂々と酒が飲めるようになったことは何とも言えない解放感だった。

11月に21歳になったばかりだった。

そんな感じで、アメリカでの初めての年越しは過ぎていった。

その2へつづく


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

Club71 SOHO その3

ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その2

関連記事

  1. シアトル 初めての一人旅 その1

    私が生まれて初めて外国に行ったのは、1993年2月のことだった。当時…

  2. ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その3…

    1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。初めての…

  3. コロンビア ミズーリ州 アメリカ

    1994年~1996年の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。コロン…

  4. イエローストーン国立公園 ワイオミング州 世界遺…

    1993年にアメリカはワシントン州に半年間の短期留学をした。7月に、…

  5. シカゴ イリノイ州 アメリカ

    1994年~1996年までアメリカのミズーリ州へ留学していた。その間…

  6. ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その2…

    1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。初めての…

  7. シアトル 初めての一人旅 その2

    初めての一人旅は自由気ままだったが、逆に言えば自分一人しかいないので、何をす…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP