ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その2

1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。

初めての冬休みに、ルイジアナ州のニューオーリンズへ行った。

当時はカメラを2台持ち歩いて、一台はカラーフィルム、もう一台はモノクロフィルムを入れていた。

不思議なことに、それだけ沢山の写真を撮ったはずなのに、今見つけられたのはモノクロ4枚だけ。

今思えばこの頃に撮っていた写真のグレードはどれも高い。

意識の違いだろうか、今と違って一枚一枚にお金がかかっていた時代のことだから、何枚も撮りまくるよりも、厳選した数枚を狙ってシャッターを切っていたような気がする。

それはそれで、なかなか乙なものだったと、今からすれば思う。

この一枚も、暗室に入って自分で引き延ばしたものを、プロのフレーミングを頼んで今でも保管している。

とにかく、この4枚のモノクロ写真を元に、当時を振り返ってみたいと思う。

その1はこちら


宿泊施設

当時私もKも学生だったから、潤沢な旅資金を用意できたわけではない。

むしろ、普段の生活費を削ってそこからなんとか捻出するような貧乏旅だった。

でなければ、ミズーリ州からルイジアナ州まで、バスで移動するなどという無謀なことはせずに、普通に飛行機に乗っていったことだろう。

ニューオーリンズには全部で2週間くらいいたと思う。

ガイドブックに載っていた安宿を転々として歩いた。

それでも費用は高く、快適さを求めるのなら出費はかさんでいった。

中には窓が一切ないところもあって、そんな部屋に数日間滞在したこともあった。

今までは親の庇護のもと、それでもまともな宿泊施設にしか泊ったことが無かった私たちは、軽くカルチャーショックを受けた。

だけどこれが人生の洗礼。

後々もっとひどいことだって経験することになるのだから。

コインランドリーで洗濯しながら、私たちはニューオーリンズに2週間滞在したのだった。


マイ・ドリーム・アンディー

女は買い物が大好きだ。

私とKもご多分に漏れず。

ニューオーリンズは買い物が楽しい街だった。

何しろフレンチな場所柄だ。

そんな中で、今でも私の記憶に強烈に残っているのが、CKの下着だった。

※ 参考写真

香港の摩天楼に掲載されたCKの下着の広告

当時暮らしていたコロンビアの街は田舎で、デパートというものは一つもなかった。

あるのはモールだけ。

ニューオーリンズでは、CKの下着が沢山売られていた。

雑誌の読者だった私たちにとって、CKの下着は憧れだった。

この時、「マイ・ファーストCK下着」を手に入れた私は、それから10年以上に渡り、CKの下着愛用者となる。

1999年にオランダ人の彼氏の実家へ滞在していたとき、彼のママにうっかり私の下着を洗濯されてしまったことがあった。

その時に、

「もも!あなた!CKのパンツ履いてるなんて、なんてオシャレなの!」

と家族全員の前で暴露されてしまった。

それくらいCKのパンツは誰にとっても「憧れの下着」だったのだろう。

CKのパンツに関しては、もっと悲痛なエピソードもあるのだが、それはここでは書かない。

2012年に、相方への誕生日に某日本メーカーの下着をプレゼントしようとしていた私に、当時の職場の同僚(男)が、

「それは・・・まずいんじゃない・・・CKの下着にした方がいいよ」

と進言してきたこともあった。

CKの下着とは、それほどまでに人々の脳裏に「理想の下着」として刷り込まれている戦利商品なのだ。

2019年現在、CKの下着の呪縛から逃れて自由になっている。


Preservation Hall

街の一角に、夕方になるといつも行列のできる店があった。

私たちは最初、そこが何の店なのかよく知らなかった。

後から、そこがかの有名なジャズ・ホール「Preservation Hall」であることを知る。

ニューオーリンズはジャズ発祥の地でもあった。

アメリカの音楽シーンは、どれも南部文化に深く結びついている。

私が敬愛する Allman Brothers Band も、南部のジャズやヒルビリーの影響を強く受けている。

この曲のイントロのベースラインはかっこいい。

かのエリック・クラプトンも一時期はテネシー州辺りのミュージシャンと融合して、カントリー系のコラボをやっていた時期があった。

そしてジャズと言えばニューオーリンズなのだ。

私とKは2~3度この小屋を訪れることとなった。

時間単位の入れ替え制で、2~3回入れ替えを粘っていると最前列で鑑賞することが出来た。

ジャズの生バンドって素敵だ。

特にこの頃から、私はどうしてもウッドベースに惹かれていた。

やっぱりベースが好きなんだろうと思う。

入れ替えのフリータイムに、ミュージシャンの一人が日本へ出張したときのことを話していた。

「あんな狭くてごちゃごちゃしたところでは、暮らせないと思ったよ」

と語っていた。

そりゃルイジアナ州に住んでいたらそうなるだろうなと思った。

その3へつづく


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その1

ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その3

関連記事

  1. シアトル 初めての一人旅 その1

    私が生まれて初めて外国に行ったのは、1993年2月のことだった。当時…

  2. ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その1…

    1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。初めての…

  3. ニューオーリンズ ルイジアナ州 アメリカ その3…

    1994年~1996の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。初めての…

  4. コロンビア ミズーリ州 アメリカ

    1994年~1996年の間アメリカはミズーリ州へ留学していた。コロン…

  5. イエローストーン国立公園 ワイオミング州 世界遺…

    1993年にアメリカはワシントン州に半年間の短期留学をした。7月に、…

  6. シアトル 初めての一人旅 その2

    初めての一人旅は自由気ままだったが、逆に言えば自分一人しかいないので、何をす…

  7. シカゴ イリノイ州 アメリカ

    1994年~1996年までアメリカのミズーリ州へ留学していた。その間…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP