動物たち グルヴァユール ケララ州 その2

2018年3月~4月にかけてインドはケララ州にあるグルヴァユールという小さな街に滞在した。

目的は、アユールヴェーダの治療の一つであるパンチャカルマを受けること。

この記事では、当時現地で出会った様々な動物たちについて書いてみたいと思う。

その1はこちら


この施設には、時折猫が現れた。

話に聞けば、この界隈に棲んでいる野良猫たちらしかった。

施設や近所で餌を与えているらしい。

私が初めて施設へ着いた日の翌日に、施設の中の部屋のベッドで寛いでいる黒い猫を見かけた。

猫マニアという人種は、皆さまもご存知かもしれないが、猫を見かけたら、とにかく話かけて挨拶をしないと気が済まない人種なのだ。

そこで、この時も挨拶を試みたわけだけど、猫は警戒心を顕わにして立ち去ってしまった。

施設の中庭をパトロールなさっているところをよく見かけた。

私は勝手にこの猫をクロと名付け、愛でていた。

クロがいれば必ず写真を撮った。

一体アンタは何しにインドまで行ったのよ?と思われるかもしれないが、そこが猫マニアの悲しい習性なのだ。

カメラにクロの写真が増えていくのを見てほくそんでいた私。

お庭でお寛ぎ遊ばされるクロさま

屋根に上られるクロさま

あまりにもあちこち行かれるので、その度にカメラを持って奔走するのは大変だった。

(誰にも頼まれてないし)

あっ、あんなところにクロさまが・・・

本当にクロさまはどこへでも出没遊ばされる。

良い感じにカメラ目線を下さるクロさま

時には私たちの部屋へ忍び込んで、ベッドの上でお昼寝遊ばされてることもあった。

もう一匹、白と黒の猫がいた。

クロと体格がよく似ていて、顔がそっくりだったから、もしかしたら兄弟かもしれない。

私も兄弟猫を飼っていたから知っているが、同じ腹から生まれた猫は顔がそっくりになる。

香港猫は線が細く華奢な猫が多いが、インドもそうだろうかと思った。

思わぬ猫マニアぶりを披露してしまったが、猫マニアのスマホのカメラロールは、だいたいこういう写真で埋め尽くされているものだ。

思い余って猫の肉球をモチーフにしたタトゥーを入れようかと思案したこともあったけど、友人のクリスから、

「….Nah…..that’s not a good idea….いや・・・やめといた方がいいよ」

言われた。

私は、次に生まれ変わったら岩合光昭になって、世界中を旅して猫の写真を撮りながら生計を立てたい。

次はイスタンブールへ行きたいというのも、それが目的だ。

イスタンブールは猫の街だからだ。

「猫が幸せになれば、地球が幸せになる」By 岩合光昭

私もそう思う。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

動物たち グルヴァユール ケララ州 その1

グルヴァユール ケララ州 インド

関連記事

  1. グルヴァユール ケララ州 インド

    2018年3月~4月にかけてインドはケララ州にあるグルヴァユールという小さな…

  2. ブランガド・ビーチ ケララ州 インド

    2018年3月~4月までインドはケララ州のグルヴァユールという街に滞在した。…

  3. 施設の女性たち グルヴァユール ケララ州

    2018年3月~4月にかけてインドはケララ州にあるグルヴァユールに滞在した。…

  4. 動物たち グルヴァユール ケララ州 その1

    2018年3月~4月にかけてインドはケララ州にあるグルヴァユールという小さな…

PAGE TOP