ケチャ・ダンス ウルワツ寺院 バリ島

2018年4月~6月の間インドネシアはバリ島へ滞在した。

2か月バリ島に滞在した中で、もっとも印象に残ったアトラクションは、恐らくウルワツ寺院のケチャ・ダンスだろう。

アパートの大家さんから是非観に行ったらいいよと言われていた。

そこで、懇意にしていたガイド氏に連絡すると、一日がかりでバリ島南部を回るプランを立ててくれた。

ウルワツ寺院のケチャ・ダンスはその日最後の目玉だった。


ウルワツ寺院

ウルワツへは、午後3時くらいに到着した。

かなり広い園内で、中に入るには腰巻とサッシュが必須。

入口でもらって腰に巻いてから入る。

ケチャ・ダンスの舞台の開場は5時半で、それまでにはまだ時間があった。

チケット販売は確か4時すぎからで、私が自分で買うのはまず無理だから、ガイド氏が買ってきてくれるということだった。

ウルワツでは皆そうしているようだった。

こんな雲が出ている日だった。

空も海もすごく気持ちよかった。

園内に咲いている花と空の色のコントラストが素晴らしく、写真を撮りまくった。

私は花はあまり詳しくない。

それほど興味がないのだ。

だけど咲いていれば綺麗だなと思う。

断崖絶壁に建つウルワツ寺院

一人旅だとなかなかこういう写真は撮れないけど。

この時着ていたバティックの服は、レノン地区のショッピングモールで買った。

バリ島ではよく着ていた。

お目当てのケチャの開演まではまだ一時間以上あるし、一通り園内を歩き回った後は、時間になるまでどこかに座って暇つぶしをするしかなかった。

一度外へ出て、ワルンの中でココナッツを飲んだりしていた。

一人きりだと時間を過ごすのには少し苦労する。

時間になってチケット小屋がオープンすると、すごい人だかりができた。

チケットを買おうと突撃する人、人、人。

これは確かに、私のようにか弱い女一人ではチケットを入手することは困難かもしれなかった(大嘘、本当は人込みをなぎ倒してでもゲットする)。

人込みの中にガイド氏の姿を探したけれど、見つけられなかった。

ところが、どうしたものかしばらくするとどこからともなくガイド氏が現れて、チケットを渡してくれた。

「5時半開場だからね」

そういうとガイド氏は劇場まで見送ってくれた。

他の人たちのガイドも、劇場まで見送っていた。


ケチャ・ダンス

劇場はローマ型だった。

真ん中に演台があって、ぐるり囲むように座席がある。

あまり演台に近すぎるとファイヤーダンスの時に火の粉が飛んでくるというので、私は真ん中あたりに座ることにした。

良い感じに海は夕焼けていた。

海に沈む陽を眺めていると、どこからともなくザワザワした声が聞こえてきた。

それがケチャ・ダンスの始まりだった。

髪にハイビスカスを付けた半裸のインドネシア人の男性らが口々にチャチャチャと言いながら入ってきた。

ワーオ

すごい迫力。

この中に、特に可愛い(Cute)な男の子がいて、目が釘付けになる。

すごいなこりゃ(何がだ)。

もともと農耕民族であるインドネシアはバリ島の人たちの間に伝わる祈りのダンスということを、後からガイド氏から聞いた。

男性たちは3つのパートに分かれていて、それぞれのリズムをプレーしながら、豊作と雨を祈るらしい。

陽が沈むと、ケチャ・ダンスは劇に変わる。

ヒンドゥーのエピソードが演題だ。

私が大好きな白い猿、ハヌマーンが登場するのだ。

ヤンチャなハヌマーンが火炙りの刑になる題目なので、最後に火が出てくるファイヤーダンスなのだ。

いやー。

すっかり堪能した。

ウルワツ寺院のケチャ・ダンスは、バリ島一押しのアトラクションだった。

私の独断と偏見ではあるが、興味がある方は是非出かけられたし。

すべて終了して駐車場へ戻ると、ガイド氏が動画を見たがった。

二人で車の中で動画を見ながら、バリ島の歴史について教えてもらった。

そして一路、デンパサールのアパートまで帰路に着いた。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

イエローストーン国立公園 ワイオミング州 世界遺産

タマン・アユン寺院 バリ島 世界遺産

関連記事

  1. KOSと果物 デンパサール バリ島

    2018年4月~6月の間インドネシアはバリ島へ滞在した。デンパサール…

  2. ロヴィナ バナナ・ヴィラ・リトリート

    2018年4月~6月にかけてインドネシアはバリ島へ滞在した。2か月に…

  3. チャングー バリ島

    2018年4月~6月までバリ島へ滞在した。バリ島で出会ったイーダは、…

  4. ジャティルウィ バリ島 世界遺産

    2018年4月~6月の間インドネシアはバリ島に滞在した。2か月に渡る…

  5. ハマン・リゾート ヌガラ バリ島

    2018年4月~6月の間インドネシアはバリ島へ滞在した。バリ島へ着い…

  6. 食事事情 バリ島

    2018年4月~6月にかけてインドネシアはバリ島へ滞在した。バリ島の…

  7. ジゴロとの遭遇 スミニャック バリ島

    2018年4月~6月の間バリ島へ滞在していた。スミニャックと言えば、…

  8. ロヴィナ ドルフィンウォッチング

    2018年4月~6月にかけてバリ島へ滞在した。バリ島の北に位置するロ…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP