ナイル河筏(いかだ)下りツアー エジプト その1

私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。

何しろもう20年も前のことで、はっきりとした時期はわからない、半年間イスラエルに滞在していた間に出会ったオランダ人のパートナーと二人で、一か月とちょっとかけてエジプトを旅して回った。


南の街ルクソールには、10日ほどくらい滞在しただだろうか。

ある日私たちはルクソールを発ってアスワンへ行くことにした。

アスワンはルクソールよりもさらに南に位置しているダムが有名な街だった。

ルクソールからアスワンへ向かう列車の中で、筏ツアーを売る男性と出会った。

「ナイル河を下る筏(いかだ)ツアー」があるのだ。

ちょっと聞いただけでも心躍るツアーだと思った。

アスワンから北のルクソールまで筏で「下る」のだ。

ちょっと不思議な感じはしたけど。

私たちは二人とも乗り気で、すぐにそのツアーへ参加することにした。

アスワンでの記憶があまりない。

ダムを見に行く間にマタインと喧嘩をして、挙句にレンタル自転車がパンクしたりで、踏んだり蹴ったりだと思っていた。

筏(いかだ)ツアーに参加するその日も、朝から雲行きは怪しかった。

何か、朝食で食べたものがよくなかったような気がするのだ。

だけどそんなことは気にしてはいられない、筏ツアーはもうすぐ出発するのだ。

ナイル河へ行くと、もう筏は出発準備が出来ていた。

私以外の東洋人は韓国人の女の子だけ、あとは全員白人と、そしてエジプト人のクルーとキャプテンだった。

筏は2隻。

乗り込めばもう出発だった。

確か2泊3日の行程だったように記憶している。

もう、こんな感じで。

なんというか、この世の極楽とはこのことだろうなていうような、なんとも言えない優雅な旅路だった。

筏は気持ちよい日差しと風を受けて出港し、私たちはみな思い思いに過ごしていた。

筏の上でベルギーから来ていた男性とパートナーのマタインが、二人でチェスをし始めた。

2人ともオランダ語を話すから親しくなったのだ。

優雅に進む筏の上で日向ぼっこしながらチェスなんて、そんな贅沢な時の過ごし方があるものなんだなと思ったことを覚えている。

だけど、それが私のこの日の心地い思い出の最後となる。

朝食べた朝食が、今頃影響を及ぼし出したのだ。

まさかとは思ったが、エジプトではおなじみの、食あたり?

ちなみに、イスラエル・エジプト合わせて4回ほどの食あたりを経験しており、そのうちの何回かは病院のお世話になるという事態にまでなっていたのだ。

しかしここは街ではなかった。

ナイル河を下る筏の上(もちろんトイレなし)なのだ。

その2へつづく


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

バニアス イスラエル

ナイル河筏(いかだ)下りツアー エジプト その2

関連記事

  1. 恋人のママとカイロ エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  2. ナイル河筏(いかだ)下りツアー エジプト その3…

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  3. ルクソールの宿 エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  4. 死の街 オアシス1 エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  5. 街の人たち オアシス4 エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  6. 恋人のママとルクソール エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  7. 白い砂の街 オアシス3 エジプト

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

  8. ナイル河筏(いかだ)下りツアー エジプト その2…

    私がエジプトを訪れたのは、1999年の4月~6月くらいのことだったと思う。…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP