キブツ Kfar Blum イスラエル その3

1999年2月~8月まで半年間、私はイスラエルに滞在していた。

25歳だった。

六芒星を国旗に掲げるこの国に、私は縁があった。

当初は、キブツへ行ってボランティアをするつもりで、最初の数か月はその通りになった。

レバノン国境にほど近い街キリヤット・シモネから少し南へ行ったところにある Kibbutz Kfar Blum にボランティアとして滞在した。

当時は私も含め、世界中から18歳~35歳の若者が、ボランティアをしにイスラエルへ来ていた。

私が2月にキブツに着いたとき、Kfar Blum にはすでに、イギリス、オランダ、ドイツ、デンマーク、オーストラリア、韓国からボランティアたちが来て滞在していた。

みんな好き好きに来ては、好き好きに去っていく。

滞在期間は最長で6か月間認められていた。

その1はこちら  その2はこちら


ユディス(Judith)

私 ユディス ナタリー シルビア サイモン

オランダから来たユディスは、まるで彫刻のような顔をしたキレイな女性だった。

短髪のブロンドをオレンジ色に染めていて黒い服しか着ない。

すごく素敵な人だと思った。

彼女はクールで、私は彼女と色んな話をした。

彼女のイスラエル滞在は、決して簡単なものではなかったことを私とマタインは知っている。

とても辛いことがあったと思う。

後で私たちがオランダへ行ってから、彼女もオランダへ戻って安定していると聞いて安心していた。

ナタリー アンドレ ユディス

ニコル

同じくオランダから来たニコルは、まさしくザ・バービーというにふさわしかった。

170cmを超える長身にブロンドと青い目。

バービーだ。

とても頭が良くウィッティで、私とニコルは仲が良かった。

私とマタインがエルサレムに滞在していたときにニコルと同じくオランダ人のマリスカもエルサレムへ来て、一緒に食事をした。

その時に聞いた話によると、ニコルはキブツでイスラエル人の女性と女のタイマンを張ったそうだ。

私とマタインがエジプトにいた時だ。

おーーーーそんな名場面を見逃すとは!

痛恨の極みだったけど、話を聞いただけでも面白かった。

バービーのニコルと、黒髪に黒い瞳のめっちゃセクシーなイスラエル女子が、二人ともサンダルを手にもってタイマン張っている様子はなんとなくわかったから。

このメンバーとはその後オランダへ行ってからもずっと交流が続いていた。

ニコルはとても美人だったので、ニコルと知り合いだったマタインは他の男友達から羨ましがられていた。

写真がないのが残念。

とてもキレイな子だった。

アンナ

マイケル 私 アンナ

ドイツ人のアンナは、私の目の前で私の男(マタイン)にちょっかいを出した命知らず。

そのおかげで私とアンナは食堂で昼間っからFワードの飛び交うタイマンを張ることに。

自分の男に目の前でちょっかいを出されて黙っているようなタマではないので、私は。

そこに巻き込まれたのがニコル。

ニコルは凍り付きながらランチを食べていた。

キブツの思い出の中でも、アンナは鬼門だ。

アンドレとジェイソン

アンドレ 私 ジェイソン

アンドレとジェイソンは南アフリカから来た。

この2人が到着した日は、春から夏に切り替わったような日だった。

私がTシャツを着ているのを見たボランティア・リーダーのエディが、「夏が来たみたいだね」と言った。

その横に座っていたのがアンドレとジェイソンだ。

この2人はそれまでの人生で、東洋人の女を生で見たことがなかったのだ。

それで、目が私にくぎ付けになったまま動かなかった。

2人ともイケメンでカッコよかった。

よく2人で仕事中にカートに乗っていたので、時々乗せてもらっていた。

アンドレとはその後も交流があって、アメリカのボストンへ移住して軍人になったことを知っていたが、2018年9月にあることをきっかけとして、私の方から距離を置くこととなった。

友人関係はとりあえず解消したけど、未だに私はアンドレが好きだ。

バックギャモンをして遊ぶジェイソンとユディス

シルビアとナタリー

シルビア ナタリー

素晴らしく可愛らしい二人組、ナミビアから来たシルビアとナタリー。

2人は幼馴染だそうだ。

生まれたのはナミビアだけど、聞けばドイツ移民で、ドイツ語を話していた。

この2人はイスラエル人の男の子たちからも人気で、いつもネイサンというイスラエル人の男の子とつるんで遊んでいた。

私とマタインが付き合っていることを一番最初に嗅ぎつけたのもこの2人。

「ねぇ、マタインと何かあるの?」と聞いてきたのはシルビアだった。

2人はこの後イギリスへ渡ってワーキングホリデーして、その後も冒険を続けると言っていた。

その後ナタリーは世界中を巡る豪華客船で働くようになり、イギリスで出会った男性と結婚してニュージーランドへ移住。

シルビアとはこの時から8年後に友人関係を解消したということだ。

その4へつづく


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

キブツ Kfar Blum イスラエル その2

キブツ Kfar Blum イスラエル その4

関連記事

  1. バニアス イスラエル

    1999年2月から6か月間イスラエルへ滞在した。レバノン国境にほど近…

  2. アッコ イスラエル

    1999年2月から6か月間イスラエルへ滞在した。レバノン国境にほど近…

  3. 爆弾シェルター イスラエル その1

    ここに書く話は、私の人生の中で恐らく最もクレイジーで、かつ華々しかった経験の…

  4. 死海 イスラエル

    1999年2月~8月までイスラエルへ滞在した。様々な事情から、手元に…

  5. キブツ Kfar Blum イスラエル その2

    1999年2月~8月まで半年間、私はイスラエルに滞在していた。25歳…

  6. キブツ Kfar Blum イスラエル その1

    1999年2月~8月まで半年間、私はイスラエルに滞在していた。25歳…

  7. キブツ Kfar Blum イスラエル その4

    1999年2月~8月まで半年間、私はイスラエルに滞在していた。25歳…

  8. エルサレム界隈の砂漠地帯 イスラエル

    1999年2月から6か月間イスラエルへ滞在した。レバノン国境にほど近…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP