職人のアトリエ

2011年4月にネパールを訪れた。

ネパールを訪れたときの目的の一つは、職人のアトリエを訪れることだった。

連れ合いがチベット仏教徒で、タンカ(仏画)をコレクションしていたからだ。

ネパールには腕のいい職人が多いと聞くので、是非アトリエを訪れてみたいと思っていた。

カトマンズから南へ行ったところにある小さな町に、アトリエがあるという情報があった。

今、当時のガイドブックや情報が手元になく、町の名前を確認できないのが何とも残念だけれど。

朝、ホテルからタクシーに乗ってその町へ向かった。

20~30分の距離だ。

町の入り口にはゲートがあり、そこでタクシーを降りたあとは、情報に従い徒歩でアトリエの場所を探し始めた。

「ここがアトリエです」

と看板が出ているわけではなく、普通の民家っぽいところなはずだった。

小さな町なので、建物自体が少なくて迷うほどの場所ではない。

ここかなぁ?

という目星はたったが看板も呼び鈴もないし、どこが入り口かもわからず。

そこで、建物の外から声をかけてみることにした。

「ハロー、ハロー、誰かいますか?」

何度か呼び掛けて待ってみる。

しばらくすると、2階の窓が開いて中から若い男の人が顔を出した。

「ハロー、アトリエを探しているの」

と言うと、身振りで「上がってこい」と言う。

建物の裏側へ回ると、2階へ上がる階段があった。

階段を上っていくと、そこは職人たちのアトリエだった。

その時はネパール人の若者3人が作業をしていた。

それぞれに作業途中の絵があって、それに向かって色を付けているところらしかった。

モチーフはもっぱら仏教の神様たちだ。

絵具は鉱石を溶かしたものを使っていた。

私は連れ合いが仏教に関することをすべてを教えてくれるために、自分では一向に覚えられなかった人だ。

何でも教えてくれる人が隣にいると、人は自分では何も覚えなくなる。

なので、今だに神様の見た目と名前を自分で一致させることができない。

わかるのはグリーンタラとマンジュシュリ(文殊菩薩)くらいだ。

グリーンタラは緑色だし、マンジュシュリは刀を持っているのでわかる。

このアトリエにいる間も、連れ合いが職人たちといろいろ語り合っているのを横でボーっと聞いていたり、写真を撮ったりするのに忙しくて神様の名前は覚えられなかった。

だから神様の名前は残念ながら書けない。

若者たちはこのアトリエでタンカを描いて生計を立てていると言っていた。

師匠から手ほどきを受けながら腕を磨いていると。

アトリエには師匠の作品も多く展示されていたが、師匠の作品はさすがの出来栄えでひときわ目を引いていた。

腕前によって出来栄えは当然差が出る。

私たちは壁に掛けられている完成品を一枚ずつ丁寧に観ていった。


最終的に連れ合いが3枚のタンカを選び購入することになった。

当たり前だがキャッシュ・オンリー。

USドルのキャッシュで支払った。

値段はちょっと忘れたが、恐らくネパールでは半年分の生活費になるくらいの金額か、もしくはそれ以上だったと思う。

経済格差が大きいので、私たちにとってはそれほどの金額でなくても、彼らにとっては絵3枚が年収なのだ。

こうして職人技は保たれていく。

こんなときにお金を出し惜しみしてはダメだ。

アーティストとその命に敬意を払い、気前よく支払うことが礼儀だ。

それが気持ちのいいお金の使い方。


アトリエを出た後は、町の中を歩いてみた。

人がほとんどいない。

たった一組だけ旅行者とすれ違った。

ヨーロッパ人の若者二人組だった。

ひなびた小さな町だった。

今度ネパールを訪れる際にはこの町に逗留するのもいいと思ったが、さすがに東洋人の女一人では目立つだろう。

写真は裏通りを歩く私。

シアトル 初めての一人旅 その2

パタン ダバール広場

関連記事

  1. パシュパティナート 世界遺産

    2011年4月にネパールを訪れた。パシュパティナートはシヴァ神を祀る…

  2. パタン ダバール広場

    2011年4月にネパールを訪れた。旧王宮の街として知られるパタン。…

  3. カトマンズ タメル地区

    2011年4月にネパールを訪れた。タメル地区はカトマンズ一の繁華街。…

  4. スワヤンブナート 世界遺産

    2011年4月にネパールを訪れた。2015年の大震災で失われた建造物…

  5. ボダナート 世界遺産

    2011年4月にネパールを訪れた。それまでの数年間に色々あって旅行ど…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP