ロッテルダム オランダ

1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。

イスラエルで出会ったオランダ人のパートナーと一緒に暮らすため。

当時イスラエルで出会った沢山のオランダ人の友人とは、今でも繋がっている。

そのうちの一人サリーの家に、2019年8月に3週間滞在することとなった。

サリー達一家は8月9日から3週間の休暇へ出かける。

その間、留守を預かって猫2匹の世話をしてくれる人を探していたのがきっかけ。

毎年恒例のことだけど、今年は何か促されるものを感じ、私が日本から行くことにした。

それを決めたのが2019年4月。

そして数日前にいよいよ20年ぶりのオランダへ!


ロッテルダム・セントラル駅

2019年8月11日にロッテルダムを訪れた。

今回オランダ行が決まって以来、ずっとロッテルダムへ行きたいと思っていた。

時を同じくしてポルトガルからオランダへ遊びに来ていたサリーのご主人の甥っ子カップルが、翌日の早朝のフライトでロッテルダムからポルトガルへ帰国するので、前日にみんなでロッテルダムを観光することにしたのだ。

ハーグからロッテルダムまではメトロで約40分。

前の日にロッテルダム一日券(トラム・バス)を買っておいたので、それを使って街中の移動をする予定。

アンドレ カロリーナ 私

この日はとても風が強くて、私は日本から持ってきたレインコートをずっと着ていた。

オランダの天気はすぐに変わり、今のところ毎日必ず雨が降っている。

朝は日が出ていても、必ず雨が降る。

なので、外出にはレインコートを持ち歩くようにしている。

ロッテルダムは建築の街として有名。

世界初のスカイクレイパーが建ったのもロッテルダム。

ロッテルダムは海抜がほぼゼロかそれ以下なので、歴史上常に洪水との闘いだったらしい。

その結果、防波堤技術や建築技術が発達した。

今ではモダン建築を学ぶ学生なんかがこの街に来ているのじゃないかな?

とりあず、街に着いた私たちはスーパーで買い物をして、公園を探してご飯を食べることにした。

アンドレとカロリーナは25歳だけど、まだ学生をしているらしい。

バイトで貯めたお金で来ているけど、ポルトガルに比べるとオランダの物価は高すぎて、ファストフード店へ入ることすらためらわれる。

それで、みんなでピクニックをすることにした。

公園から見える建物もすごい。

ご飯を食べながら、この街に暮すってどんな感じんだろう?と想像していた。

すっごくオシャレで未来的な街ロッテルダム。

街中のカセドラルの近くにあったツーリスト・インフォメーションで、色々と情報を聞くことが出来た。

私が見たかったのはマーケット・ホールとキュービックハウス。

マーケット・ホール

中は市場になっていて、フードコートもある巨大なマーケット。

それを取り囲むアパートには実際に人が暮らしている。

こんなところに住むってどんな感じなんだろう!?ってすごく想像力が刺激される。

まるで夢のような話だ。

マーケット・ホールから少しだけ歩くと、キュービックハウスがある。

ここにも実際に人が住んでいるというから驚き。

でもこの家の下は高架線で、トラムや車がビュンビュン行きかっている。

そんな場所に暮すのって、なんか落ち着かなくて嫌かも。

面白い場所だけど、私は暮らしたくはないなー。

裏側は運河。

まだ古いボートのレプリカも残されている。

実際にこういうボートの上で生活をしている人もいるらしい。

アムスにはいるよね、そういう人たち。

香港でもそうだけど、水際の都市では、水上生活者が結構いる。

近代的なロッテルダムとはちょっとまた別な顔。

ロッテルダムってのは、内陸港なんだよね。

だからこんなすっごい大きな貨物船が通ったりする。

貨物船や普通のボートに国旗がついていて、「フランスの国旗がついてる」ってアンドレが言う。

あー、フランス、オランダ、ロシアの国旗の見分けがつかないのって、私だけじゃないんだーと思った訳。

だってそっくりだもん。

さだかではないけど、オランダの船についている国旗は多分オランダ国旗だと思う。

川沿いにはこんな建物もあった。

河から少し離れて街の方へ入ると、普通にオランダの街並みになる。

流石は自転車の国、オランダ。

個人的にはアムスよりもロッテルダムの方が好き。

この二つの街はすごく雰囲気が違う。

ハーグもまた少し違った雰囲気だけど、一種独特の未来感を味わいたいならロッテルダムが断然お勧め。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

マウリッツハイス美術館 ハーグ オランダ

ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その1

関連記事

  1. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  2. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  3. ゴッホ美術館 アムステルダム オランダ

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  4. ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その2

    オランダのハーグでは、3つの美術館へ行きたかった。マウリッツハイス、…

  5. デルフト オランダ その2

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  6. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  7. ハーレム オランダ その3

    その1その2Grote Markt 付近は、メジャー…

  8. デルフト オランダ その1

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP