デルフト オランダ その1

1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。

イスラエルで出会ったオランダ人のパートナーと一緒に暮らすため。

当時イスラエルで出会った沢山のオランダ人の友人とは、今でも繋がっている。

そのうちの一人サリーの家に、2019年8月に3週間滞在することとなった。

サリー達一家は8月9日から3週間の休暇へ出かける。

その間、留守を預かって猫2匹の世話をしてくれる人を探していたのがきっかけ。

毎年恒例のことだけど、今年は何か促されるものを感じ、私が日本から行くことにした。

それを決めたのが2019年4月。

そして数日前にいよいよ20年ぶりのオランダへ!


デルフトへは2019年8月20日に訪れた。

私が滞在しているハーグからはトラムで約20分、電車なら15分という近場。

古い時代の面影を色濃く残す風光明媚な観光地だ。

私はこの日、トラムでデルフトまで向かうつもりで家を出たのに、途中の道案内(アプリ)に惑わされてどういう訳か電車の駅へ行ってしまった。

電車で行く場合、Station Laan Van Noi でインターシティの電車へ乗り換えとなっているのだけれど、乗り換えがすごくわかりづらい。

しかも、トラムから降りた後に電車のチケットを買う券売機を見つけられずに、でもプラットフォームはトラムから続いているので、そのままホームへ入って来た電車へ乗ってしまった。

電車の中へ入ってから「どうやってお金を払えばいいのか!?」と思ったけれど、もう仕方がない。

そのまま電車へ乗ってデルフトまで行く。

デルフトまでは15分なので、そんなに長旅ではない。

デルフトの駅について改札まで行ったけれど、当然ながら改札から外へ出られない。

だってチケットがないんだもの。

そこで、SOSのマークのついている柱まで行ってスイッチを押してヘルプを要請する。

しばらくするとスピーカーから係員が応答したので、正直にすべてを話す。

私:ハーグから来たんですけど、チケットがなくて改札を出られないんです。

係員:あなた、どうやってデルフトまで来たの?

私:あー、最初はトラムで・・・・

係員:電車に乗るには、乗る前にチケットを買わないと。

私:そうなんですけど・・・・どういう訳か買わずに来てしまって・・・

こういうやりとりをした後に、一回だけ大目に見てもらえることになってなんとかゲートを開けて通してもらうことが出来た。

本来なら無賃乗車は50ユーロの罰金。

でもこの場合仕方がないよね、だってわざとやったわけじゃないもの。

ていうか、乗り換えの駅の案内が本当に分かりづらいんだよ。

でもまぁ、何とかなって良かった。

駅から出たところのデルフトの景色

とりあえず案内書で地図をもらうことが出来たので、ベンチに座って地図を見てみる。

ていうか、観光案内の地図くらいは英語を用意してもらいたい。

簡単な単語くらいは分かるけど、オランダ語をなんとか推測して読みこなすのは至難の業。

とりあえず、遠くに見えている教会の斜めに傾いた塔を目指して歩いて行けばなんとかなりそう。

遠くに風車も見える。

デルフトの街はこじんまりとしていて、散策がてらブラブラと歩いて観光スポットを回るのがお勧め。

街並みが可愛らしく、小さなお店を覗きながら進むだけでもかなり楽しい。

観光用の馬車がいた。

すっごく絵になる街並み。

ガイドブックに出ている老舗のパン屋さん。

この店は何度も「一番おいしいパン賞」を取ったということで、店の中を覗いたらトロフィーが沢山並んでいた。

まだ朝10時だから人はほとんどいない。

街のどこからでも見える「古い教会」の塔を目印に、そちらの方向へ歩いていく。

ちょっと塔が傾いているように見えるのは、本当に傾いているから。

詳細は省くけど、教会をたてた場所が埋め立て地かなにかで、地盤沈下を起して傾いたらしい。

だんだんと近づいていく。

突然、何の脈絡もなく「クラゲ」のオブジェがあった。

意味不明だろ。

「古い教会」へ着いたので、中へ入ってみることに。

ここでチケットを買うと、街にもう一つある「新しい教会」にも入ることが出来る。

「新しい教会」の塔の階段を自力で昇る意欲のある人は、塔の上から街の絶景を眺めることが出来るらしい。

けど、私は足腰が弱いのでやめておくことにした。

教会の中はステンドグラスが綺麗。

惜しむらくは、ちゃんとしたカメラがないこと。

私が持ってきたカメラは、オランダについて3日目で壊れてしまった。

修理には2~3週間かかると言われて断念し、あとはずっとスマホだけでやっている。

スマホのカメラでは写真がたわんでしまう。

もっと広角のレンズが欲しい。

床もこんな感じに。

壁にあった彫刻も。

こじんまりとした感じの良い教会で、見るのにさほど時間はかからない。

清潔な化粧室もついているので、ここでホッと一息入れるのにちょうどいい。

教会の外の壁に展示してある写真

その2


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その1

デルフト オランダ その2

関連記事

  1. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  2. ハーレム オランダ その3

    その1その2Grote Markt 付近は、メジャー…

  3. ハーグ・シティ・センターや文化的な経験 ハーグ …

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  4. ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その1

    オランダのハーグでは、3つの美術館へ行きたかった。マウリッツハイス、…

  5. オランダ中央銀行 De Nederlandsch…

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  6. ハーレム オランダ その2

    その1街へ繰り出した私は、グーグルマップを頼りにマルクト広場を目指し…

  7. 20年ぶりにオランダに到着

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  8. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP