ビネンホフ ハーグ オランダ

1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。

イスラエルで出会ったオランダ人のパートナーと一緒に暮らすため。

当時イスラエルで出会った沢山のオランダ人の友人とは、今でも繋がっている。

そのうちの一人サリーの家に、2019年8月に3週間滞在することとなった。

サリー達一家は8月9日から3週間の休暇へ出かける。

その間、留守を預かって猫2匹の世話をしてくれる人を探していたのがきっかけ。

毎年恒例のことだけど、今年は何か促されるものを感じ、私が日本から行くことにした。

それを決めたのが2019年4月。

そして数日前にいよいよ20年ぶりのオランダへ!


ビネンホフはマウリッツハイスの隣にある国会議事堂。

オランダの政治の中枢がここにあると言われる。

マウリッツハイスを出てすぐ隣にあったので、そのままブラっと入ってみた。

とくに入り口というものもないので、ただそのまま歩き入るという感じ。

中庭がこんな感じで、ベンチに座って休んでいる観光客たちが沢山いた。

ヨーロッパからの観光客が多いように思う。

イギリスとかスペインとかドイツとか。

ヨーロッパの人たちは雰囲気が似ているし、着ているものもアジアとは違うのですぐにわかる。

マウリッツハイスでは中をたくさん歩いたので、私もベンチに座って休んでみた。

石畳を歩くのって、すごく疲れる。

凸凹道だから、無意識のうちに足を踏ん張ろうとするので、力が入って疲れるんだよね。

どうしてもオランダで履きたいと思っていたオックスフォードを持参して本当に良かったと思ったのは、結局この革靴が一番歩きやすくて楽だったから。

ナイキも持ってきたんだけど、ナイキは足が痛くなってしまって途中から履くのを止めてしまった。

革靴って自分の足の形に馴染むから、結局一番楽なのね。

ビネンホフは、これと言ってやることはない場所だなーなんて思う。

それで、15分そこそこでビネンホフを後にしたのだけれど、翌日に別の方角から見たビネンホフを見て考えが変わってしまった。

反対側から見たビネンホフ

エッシャー美術館と平和宮を見た後にトラムでこの前を通りかかった時に、この美しい建物の外観の後ろにハーグ・セントラルの近代的な高層ビル群が聳え立つのが見えて、「わーすごい!」と思った。

そこで、後日改めてこの方角から見たビネンホフを観るためにわざわざ来てみた。

すごくキレイ。

そして、ビネンホフの前に屋台を出していたへリング屋さんでへリングを食べることに。

へリングはニシンの塩漬けで、それをコッペパンに挟んで玉ねぎを刻んだものと一緒に食べるのが主流。

20年前に食べたことがあったけど、もうあまり味を覚えていない。

3.5ユーロ。

「カモメに魚を取られないように気を付けて!」

と言われて渡される。

カモメがへリングを狙ってくるのは、まぁ何となく事前に知っていた。

そして、一口食べようと口をつけたところで・・・ギブアップ。

ダメだ・・・この生臭さ!

気を取り直してもう一度トライしてみたけど・・・・

ダメだった。

大変忍びないけど、そのまま捨ててしまった。

20年前は美味しく食べた記憶があるんだけど、20年もたてば人間の味覚も変わるもんね。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その2

ハーレム オランダ その1

関連記事

  1. スフェニンゲン・ビーチ ハーグ オランダ

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  2. ハーグ市立美術館 ハーグ オランダ その2

    オランダのハーグでは、3つの美術館へ行きたかった。マウリッツハイス、…

  3. ハーグ・シティ・センターや文化的な経験 ハーグ …

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  4. ハーレム オランダ その3

    その1その2Grote Markt 付近は、メジャー…

  5. デルフト オランダ その1

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  6. ハーグ・マーケット Haagse Markt ハ…

    1999年8月から2000年5月まで、私はオランダに住んでいた。イス…

  7. アムステルダム国立美術館 アムステルダム オラン…

    今回3週間の滞在中、一度はアムステルダムへ行こうと決めていた。目的は…

  8. ハーレム オランダ その1

    ハーグからアムステルダムへ行く途中の停車駅「ハーレム」を一目見た時から、「い…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP