猫のいるモナスタリー バンコク

バンコクにある猫のいるモナスタリー。

名前は分からない。

お釈迦様の涅槃像がある建物の向かい側だったように記憶しているが、何しろもう7年も前のことで、非常に曖昧だ。

バンコクは私の守備範囲ではなく、相方にすべてお任せで動いていたために、情報や地名やアトラクション名をまるで覚えていないのだ。

ネパールのカトマンズは私の守備範囲だったので、私がすべての情報を把握していた。

夫婦って思えば不思議だ。

ある時は相方、ある時は私と、守備範囲と役割を交代しながらリードし合っているようにも思える。

前置きが長くなったが、騒々しいバンコクの中にあって、敷地内はシーンと静まり返った良い施設だった。


連日の強い日差しと灼熱のバンコクにあって、このモナスタリーの内部はキーンとした静けさが漂い、そのせいか心なしかヒンヤリとした空気が漂っているように感じた。

中には誰もいないように感じられた。

面白いつくり。

仏教の修道院らしい。

静かな廊下を進んでいくと・・・・

あ・・・・

猫だ!

外は暑すぎるから、室内に入って涼んでいる猫に遭遇。

廊下に椅子が置いてあるのは、猫のためなのかしら。

この施設には、中にも外にも猫が沢山いた。

人っ子一人いない施設に見えたけど、猫だけは沢山いたのだ。

しかも、どこも観光客であふれかえっているバンコクのど真ん中にあって、観光客は私たちしかいなかった。

不思議な場所。

もしかしたら観光スポットではないのかもしれない。

だからネットでも情報が見つからないのかも。

相方、良く知ってたなこの場所。

二階の窓から撮った写真。

静かで落ち着いた良い施設。

このままの静けさが猫たちを守ってくれますように。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら → リンク

PayPalはこちら

ワット・アルンラーチャワラーラーム バンコク

ジゴロとの遭遇 スミニャック バリ島

関連記事

  1. ワットプラケオ(タイ王宮)バンコク

    私はタイは何度も訪れている。一番最初に訪れたのはリゾート地で有名なプ…

  2. バンコク タイ 印象に残ったもの

    タイのバンコクは何度も訪れた。何度行っても飽きない場所、それがバンコ…

  3. ワット・アルンラーチャワラーラーム バンコク

    バンコクと言えばワット・アルン。The Temple of Dawn…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP