ジャッキー 上環

2001年~2016年までの間香港で暮らした。

2011年から3年間、香港の路上猫の世話をするボランティアに参画していた。

猫好きの私は香港でも猫を飼っており、その関係で香港の動物ボランティアたちとはコネクションがあった。

香港では家のない猫のことを「流浪猫 Street Cats」と呼ぶ。

英語の「Stray Cats 野良猫」ではなく、「Street Cats 路上猫」と呼んでいた。

なぜなら、猫たちは飼い主と家はなくとも、去勢済みでマイクロチップも入っていたからだ。

全ての猫はSPCAのプログラム下で管理されていた。


私たちの活動範囲は、香港島の上環界隈だった。

SOHO界隈の路上猫を、沢山あるコロニーで管轄していた。

猫の数は70匹前後。

もちろん私たちボランティアは全ての猫の詳細を把握している。

毎日ボランティアが持ち回りでコロニーを回って餌を与え、健康上問題がないかどうかチェックしている。

出会い

ある日、私はあるコロニーで、見たことのない猫が私の用意した餌を食べるところを目撃した。

このコロニーには7匹の猫がいるはずだったが、この猫は見たことが無かった。

その猫は痛々しいほどに痩せていた。

初めてジャッキーに会った日

怯えているそぶりだったが、それ以上に空腹が勝っているから、少し距離を取った場所からじっと見守る私をチラチラ見ながらも、餌を食べ続けていた。

これがこの猫を見た初めての日だった。

次にこの猫を見かけたのは、別の猫フェリックスを探しているときだった。

フェリックスは健康上の問題があって、捕獲して獣医へ連れていく必要があったのだ。

ある日、私ともう一人のボランティアのスコットの二人で、炎天下の中フェリックスを探しているときに、再びこの猫に遭遇した。

スコットはアメリカから来た建築家で、この辺りに居を構えてボランティアに参加していた。

その時、私はフェリックスを捕獲することだけに意識が行っていって、この猫のことをあまり気にかけなかった。

だけどスコットは、

「ものすごく痩せてる。食べ物をあげないと死んでしまう」

と言って、急遽キャットフードを調達しに行った。

スコットが与えた餌を食べるジャッキー

その時から、私たちチームはこの猫のレスキューに取り組むこととなった。

コロニーの猫たちとは別に、この猫も世話をすることに決めたのだ。

私はこの猫をジャックと名付けたかった。

なんとなく、ジャックという感じがしたから。

ところが、後になってスコットが、

「あれは雌猫だよ」

という。

決定的な「証拠」を見たと言っていた。

そこで、ジャック改めジャッキーとなった。

ジャッキーは警戒心が強く、人を近づけないので、世話をするのは大変だった。

捕獲

いずれかの時点で捕獲して獣医へ連れていく必要があった。

それから1か月にわたり、私たちは遠くからジャッキーの世話を続けた。

主にこの辺りに住むスコットが、自分の時間を割いてはジャッキーに餌を与えに通っていた。

ある日、私たちはいよいよジャッキーの捕獲を試みることになった。

ジャッキーが一番心を許しているスコットと私の二人で、ジャッキーが一番好きなキャットフードをおとりにしてなんとか捕獲できないかトライした。

キャットフードを持って、ジャッキーが棲んでいる医学博物館の裏庭へ行った。

キャットフードをお皿に出して遠くにいるはずのジャッキーに見えるように手を振った。

ジャッキーはすぐに姿を現した。

スコットが食べ物を持ってくることを知っていたのだ。

ジャッキーはスコット目掛けて駆け寄ってきた。

私は内心とても焦っていた。

今までも何度も猫の捕獲をこなしていたけど、猫を捕獲するのは本当に至難の業なのだ。

何度も失敗して、まったく成果なしということも何度も経験した。

そんなときには、疲労感だけが蓄積していく。

この日も炎天下の中、二人で水も飲まずに捕獲を試みていた。

一心不乱にキャットフードを貪るジャッキーを、なんとかしてケージ(籠)へ入れる必要があった。

ジャッキーがキャットフードに夢中になっている隙に頭の方からケージを近づけ、スコットが手袋をした手でジャッキーのお尻を押してケージの中へ入れることに成功!

ようやく獣医へ連れていくことができる。

里親探し

獣医で身体検査を受けたジャッキーは、もうすでに6~7歳になっていると判明した。

体格が貧弱なので、もっと子供かと思っていた。

恐らく、以前の飼い主からネグレクトされて捨てられたのだろうと推測された。

残念ながら、香港にはそういうことをする人たちが沢山いる。

しばらくは獣医で預かってもらえるが、費用がかさむので、いずれかの時点でどこか安全な場所を確保してジャッキーを移動する必要があった。

ボランティアとは、その費用のすべてを寄付に頼って行っている。

メンバーたちが自腹を切ることもしょっちゅうだった。

獣医に一泊すれば、その分だけ出費はかさんでいくのだ。

私たちはジャッキーが健康であることを確認し、住む家を確保するべく活動を開始した。

下の写真は、出会いから救出までのジャッキーの様子を追ったもの。

当時の私が作成したものだ。

最初は警戒心が強かったジャッキーも、少しずつ私たちに慣れてきていた。

一時、ジャッキーを引き取りたいという女性が現れ、ジャッキーは一晩だけ彼女の家へ行ったけれども、次の日に行方不明となる騒動が発生した。

連絡を受けた我々が到着してみると、ケージ(籠)はもぬけの殻で、パニックになった女性が一人でオロオロしていた。

その時に彼女は猫を飼うのが初めてだということが判明した。

ジャッキーは今までのいきさつから、相当猫に慣れている人でなければ扱い切れないと私たちは考えていたから、困惑した。

里親審査に通ったはずなのに・・・彼女はジャッキーを引き取りたいあまり、猫を飼ったことがあると嘘の申請をしていたのだった。

この時、幸運にもジャッキーは発見された。

テレビ棚の中に隠れていたのだった。

結局、事態を重く見たボランティアのアメリカ人女性が、ジャッキーを引き取ることとなった。

ジャッキーはアメリカ人女性の家では安心して寛ぐことができた。

その後引き取られた家で大切にされ、お姫様のような暮らしを続けている。


Blissful Moment では常時旅基金を募っています、ご協力できる方は是非お願いします★

銀行振込で寄付頂ける方はこちら

銀行振込

PayPalはこちら

 

 

ハマン・リゾート ヌガラ バリ島

ワットプラケオ(タイ王宮)バンコク

関連記事

  1. 中秋節 上環 香港

    香港には中秋節という祭日がある。日本で言うところの秋分の日で、中秋の…

  2. Club71 SOHO その3

    2001~2016年の間香港に暮らしていた。香港はセントラル SOH…

  3. Club 71 SOHO その1

    2001年~2016年の間香港で暮らした。セントラルの SOHO に…

  4. 茶餐廳 香港

    2001年~2016年まで香港に暮らした。香港暮らしを語るとき、茶餐…

  5. 瑪麗醫院(クイーンメリー病院) 薄扶林 その3

    2001年~2016年の間香港に暮らした。香港では2010年か201…

  6. ヴィクトリア・ピーク 中環 香港

    2001~2016年の間香港に暮らしていた。恐らく香港で最も有名な観…

  7. ジェス 上環

    2001年~2016年までの間香港で暮らした。2011年から3年間、…

  8. 瑪麗醫院(クイーンメリー病院) 薄扶林 その4

    2001年~2016年の間香港に暮らした。香港では2010年か201…

プロフィール

 

1973年生まれ。

 

1993年から今までで19か国(一部地域)を訪れ、5か国での生活を経験しました。

 

当サイトはそれぞれの場所の思い出を綴った紀行文サイトです。

 

プロフィール詳細はこちらから。

最近の記事

PAGE TOP